電話番号 079-869-0601
アクセス
お問い合わせ
矯正歯科矯正歯科

矯正の種類

ワイヤー矯正

一般的なワイヤー矯正

歯列矯正にはいろんな方法がありますが、その中で最も一般的な方法は「ワイヤー矯正」という矯正法です。

ワイヤー矯正は、歯の表面に板状のブラケットという装置を取り付け、それらをワイヤーでつなぎ、時間をかけて少しずつ歯を動かしていくものです。
方法としては、装置を歯の表側に付ける「ラビアル法」と歯の裏側に付ける「リンガル法」の2つの方法があります。

使用するブラケットにはメタル(金属)、セラミック、透明プラスチックなどがあり、それぞれ目立ち方や治療費などが異なります。

ワイヤー矯正のメリットは、確実性が高く、微調整も簡単に行え、料金も安く済むことですが、その反面、見た目が悪いという理由でとくに若い人に敬遠されがちな面もあります。以前は、矯正装置といえば金属製のブラケットを指していましたが、最近では目立ちにくいプラスチック製のものも多く使用されています。

メリット

メリット
  1. ● 歯を一切削ることなく、天然の歯のままで治療ができる
  2. ● 最も一般的な矯正法であり、多くの実績がある

デメリット

デメリット
  1. ● 歯の表側に矯正装置を付けるので、見た目があまり良くない
  2. ● 矯正中は虫歯になりやすいので、日頃の手入れが必要

ブラケットの種類

メタルブラケット

メタルブラケット
金属性の最も一般的な矯正装置。メリットは薄くて丈夫、治療費も安く抑えられること。デメリットは他の矯正装置に比べると目立ってしまうことです。ただし、現在ではいろんな種類の装具や接着剤が開発されており、以前に比べると随分目立たなくなっています。

セラミックブラケット

セラミックブラケット
白いセラミックでできた矯正装置。透明なので外からはほとんど目立ちません。多少割高ですが、治療期間はメタルブラケットとほぼ同じです。

プラスチックブラケット

プラスチックブラケット
プラスチックでできた矯正装置。セラミックブラケットと同じく透明なので目立ちません。治療期間はメタルブラケットとほぼ同じです。
詳しくはカウンセリング時にどのタイプのブラケットが適しているかご納得いくまでご相談ください。

マウスピース矯正(インビザライン)

見えにくい外せる矯正

通常の矯正はアナログ的な歯の動かし方をするのに対し、この「見えにくい取り外せる矯正」はコンピュータを使いデジタルで仮想的に歯を動かしそれを実践していく方法です。

透明のトレーで取り外しでき、時間も通常の矯正とあまり変わりません。「食事の時」「人と会う時」「歯を磨く時」矯正器具であるトレーを外せます。

今までのつけっ放し器具の矯正に比べてかなり負担が少ない事はいうまでもありません。効果は通常の矯正とそれほど変わりません。

こんな方におすすめ!
  1. ● ワイヤーやブラケットの装置に抵抗を感じている方
  2. ● できるだけ歯にかかる負担を少なくしたい方
  3. ● 金属アレルギーがある方

メリット

メリット
  1. ● 透明で目立たない
  2. ● 違和感が少ない
  3. ● 取り外しができて衛生的
  4. ● 手軽に使用できる
  5. ● 金属アレルギーを引き起こす心配がない

デメリット

デメリット
  1. ● ご自身でしっかりと装着する必要がある
  2. ● 全てのケースで行えるわけではない

インプラント矯正

インプラント矯正

インプラント矯正とは、矯正用のインプラントを顎の骨に埋入し、そこを支点にして歯を移動させる矯正方法です。埋入時や撤去時の侵襲もほとんどありません。このインプラント矯正は、それ単体で歯列矯正を行うのではなく、ワイヤーの矯正装置(ブラケット)と併用して歯の動きを早める矯正方法の一つです。

このインプラントはチタンでできおり、顎の骨と結合する性質があります。この性質を利用する事で安定した力で歯を移動させる事ができというわけです。ワイヤーだけの矯正で2~3年かかる症例が、インプラント矯正では半分くらいまで短縮が可能です。

メリット

メリット
  1. ● ワイヤーの装置のみの治療に比べ、治療期間が短くなります
  2. ● 非抜歯(歯を抜かずに矯正する事ができる)のケースの確立が高まります
  3. ● 外科的な治療が必要な症例でも、手術せずに治療する事ができる場合があります

デメリット

デメリット
  1. ● インプラントを埋め込む手術が必要
  2. ● インプラント周囲を清潔にしないと炎症を起こすことがある