電話番号 079-869-0601
アクセス
お問い合わせ
インプラントインプラント

インプラント治療

インプラント治療とは

実績・症例

最も天然の歯に近づけられる治療法

歯を失った場合に選択できる治療法はいくつかありますが、その中で見た目の上でも、機能の上でも自然の歯に近い感覚が得られる治療法がインプラントです。

インプラントはそれだけでなく、全体の歯の健康を保ちやすい、しっかり噛めるので若々しさを保ちやすい、といった様々なメリットがあるので、近年特に治療を希望される方が増えてきています。

インプラントとはどんなもの?

体に優しいインプラント

実績・症例

インプラントという言葉を聞くと、異物を体に埋め込むから不安、というイメージを持っていらっしゃる方もいるかもしれません。ですが、インプラントに使用されている材質は、体にとてもなじみの良い、生体親和性が高い「チタン」と呼ばれる金属の一種で、金属アレルギーを非常に起こしにくいことでも知られています。

チタンは、医科の分野では心臓ペースメーカーや人工関節の材質としてすでに昔から使用されているほど、安全性に優れた材質ですのでご安心ください。

チタンは骨と一体化する

実績・症例

インプラントは骨に埋め込むと、だんだんと骨と結合し、一体化する性質を持っています。その結果、まるで自分の体の一部のようになり、噛んだ感覚が骨に直に伝えられることから、実際にご自分の歯で噛んでいるような感覚が得られます。

また、実際に表から見える部分というのは、歯にそっくりに作った被せ物ですので、見た目上でもご自分の歯と変わりがありません。

インプラントの構造

インプラント基本的に「上部構造」「インプラント体」「アバットメント」の3つのパーツから構成されています。

インプラントの構造

上部構造
実際に表から見える被せ物の部分です。通常はセラミックで作られることが多いので、見た目は天然の歯のように見えます。この部分はたとえ欠けたりした場合でも、歯科医院で取り外して修理、またはこの部分だけ作り直すことが可能です。
インプラント体
歯根に相当する部分で、骨の中に埋め込まれているインプラント本体です。金属アレルギーを非常に起こしにくく、軽量で、かつ非常に丈夫なチタン製です。
アバットメント
上部構造(被せ物)とインプラント体(歯根部分)を繋ぐパーツです。チタン製やセラミック製があり、症例に応じて使い分けます。

インプラントのメリット・デメリット

6つのメリット

(1)しっかり噛める

インプラントの構造
骨にしっかりと固定されるインプラントは、天然歯のようになんでもしっかりと噛んで食べることができます。

(2)審美的

インプラントの構造
実際に見える部分は、天然歯に似せた人工歯ですので、見た目が自然で審美的です。

(3)お手入れが楽

インプラントの構造
ご自分の歯のお手入れ方法とほぼ同じなので、入れ歯のように外して磨く、といった面倒さ、複雑さがありません。

(4)他の歯にダメージを与えない

インプラントの構造
他の歯を削ったり余計な力をかけたりすることがありませんので、他の歯にダメージを与えず、歯を全体的に健康的に保ちやすくなります。

(5)違和感がない

インプラントの構造
ご自分の歯のように骨に固定されますので、違和感がありません。

(6)健康や若々しさを保ちやすい

インプラントの構造
噛む刺激が骨にしっかりと伝わりますので、顎の骨の吸収が起こりにくくなります。また、よく噛めることで脳や体の体幹バランスにも良い影響を与え、健康や若々しさを保ちやすくなります。

3つのデメリット

(1)保険がきかない

デメリット1

インプラントは、現段階では一部の例外を除いて保険が適用されません。そのため、治療費は保険治療に比べれば高くなります。

(2)手術が必要

デメリット2

インプラント体を顎の骨に埋める手術が必要になります。
また、骨が不足している場合には骨を増やす手術が必要になることもあります。

そのため、お身体の状態によっては手術が受けられない場合もあります。

(3)治療期間が比較的長い

デメリット3
インプラントを入れて噛めるようになるまでに、顎の骨とインプラントが一体化する必要があります。通常両者がしっかりと結合するのに数ヶ月を要しますので(場所や骨の状態によって違いがあります)、他の治療方法に比べると治療期間としては長くかかってしまいます。

インプラント治療の流れ

Step1:インプラント埋入

インプラント埋入

歯茎に麻酔をして切開し、インプラントを埋め込む穴を開けてインプラントを埋め込みます。麻酔はよく効いた状態ですので、通常は全く痛みを感じることがありません。

次のステップ

Step2:結合期間

結合期間

インプラントが骨と結合するまで数ヶ月期間を置きます。

次のステップ

Step3:人工歯装着

インプラント埋入

インプラントと骨がしっかりとくっついたら、人工歯の型を取り、できあがったら装着してインプラント治療は終了です。

次のステップ

Step4:メンテナンス

インプラントを良い状態で使い続けていただくために、定期的に歯科医院に来院していただき、メンテナンスを行います。レントゲン診査やインプラント周囲の組織の健康状態の確認、噛み合わせチェックなどを行い、問題があれば必要に応じて対処していきます。この際、プロによる定期的なクリーニングも併せて行なっていきます。

インプラントを長持ちさせるためには、インプラントを埋めた後のケアを丁寧に行っていくことが最も大切です。長く快適に使っていただくためにも、定期的なメインテナンスを欠かさないようにしましょう。