電話番号 079-869-0601
電話番号 0798690601
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
コラムコラム

差し歯が取れた場合の対処

差し歯が取れる、これは突然起こることが多いです。急に差し歯が取れてしまうと焦ってしまいますよね。

そこで今回は、差し歯が取れてしまった場合に、どのような対処をしたらいいのか、また、やってはいけないNG行為について、具体的にご紹介していきます。

差し歯が取れたらまずは歯科医院に連絡を

sashiba_01

差し歯が取れたら、できるだけ早めに歯科医院に連絡をし、予約を取りましょう。事情を話せばその日中、もしくは1、2日後など、早めに応急処置をしてもらえることがほとんどです。

放置している日数が長いほど、内部が汚染されたり、虫歯ができたりする可能性が高まってしまうので、くれぐれも先延ばしにしないようにしましょう。

取れた差し歯はどうする?

差し歯が取れた場合、特に前歯など、目立つ位置の場合には、外したままでおくのは見た目が悪くなるので困ってしまいます。

そのような場合には、元の位置に戻しておいても良いですが、誤って飲み込んでしまわないように注意しましょう。

戻してもすぐ取れてしまう、もしくはマスクをするので見た目は大丈夫、ということで外しておく場合には、小さなタッパーなどに入れて変形しないように保護し、受診する際に持っていきましょう。

差し歯が取れた場合にやってはいけないこと

差し歯が取れた場合に誤った対処法を行い、せっかく付け直しができたはずの差し歯の付け直しができなくなることがあります。

そのようなことにならないように、差し歯が取れたら、次のようなことは控えるようにしてください。

自分でくっつけない

「差し歯が取れたままなのは恥ずかしいから」と、自分で強力な接着剤を使って元の位置にくっつけてしまう人がいますが、これをやってしまうと、内部が汚染された状態で固定されることになってしまいます。また、元々とズレた位置で固定されてしまうことにもなりかねません。

一旦歯医者で外し、付け直しをしようとしても、強い接着剤でつけてしまっては、もう削り取らなければ除去できなくなってしまいます。

このようなことにならないためにも、外れた差し歯を自分で接着剤でつけるのは控えましょう。

ティッシュに包んだり、ポケットに入れたりしない

取れた差し歯を一旦ティッシュに包んでおく、というのもよくあるパターンです。ですが、ティッシュをその後ゴミと思って捨ててしまう、ということもよくあるので、ティッシュに包むことは避けた方が良いでしょう。

また、とりあえず無くさないようにポケットに入れておく、というのもおすすめしません。もし外力がかかってしまった場合、差し歯が変形してしまう恐れがあり、そうすると、差し歯が戻せなくなってしまう可能性があります。

差し歯と比べ、インプラント治療では失われた歯の代わりに人工歯根を埋め込み、その上に被せ物をする治療方法です。埋め込んだ歯根が顎の骨とくっつくので、差し歯のように急に取れてしまう心配がありません。

なかの歯科クリニックではこれまでに多くのインプラント治療を行っており、週刊ダイヤモンドの「頼りになる歯科医院」に選ばれました。

また、当院では無料のカウンセリングも行っておりますのでお気軽にお問い合わせください。
インプラント治療はしっかりとしたカウンセリングのもとに、しっかりとした計画によってはじめて成功するものです。まずは、カウンセリングを通して、あなたの理想をお聞かせください。

インプラントの不安や悩みを解決し、患者様の望む治療方針を一緒に考えていきましょう。

インスタグラム