電話番号 079-869-0601
アクセス
お問い合わせ
審美歯科審美歯科

インプラント+矯正+ジルコニア

審美性の高いジルコニア

インプラント+矯正+ジルコニア

見た目も美しく、若々しさを取り戻す

歯が抜けたまま放置していると、歯並びがだんだんと崩れ、しっかりと噛めなくなるだけでなく、見た目も悪くなってしまいます。このような状態でお悩みの方も、インプラントと矯正治療、セラミックを使用した審美歯科を併用した治療を行うことで、しっかりと噛めるようになり、見た目も美しく、若々しさを取り戻すことができます。

審美性と強度に優れるセラミックの一種、ジルコニア

ジルコニアは腐食にも強く、体ともよく馴染むことから医療分野でも広く使われ、歯科の審美性の高い治療の素材としても注目を集めています。

オールセラミックスにジルコニアを使用することで、従来のセラミックでの強度の心配がなくなり、奥歯や複数歯の連結されたブリッジなど使用範囲が大幅に広まりました。セラミックの中では強度や耐熱性が高いと言われています。

ジルコニアの特徴

ジルコニアは、別名「白い金属」とも呼ばれているほど、強度に優れており、従来では使用することのできなかった、力のかかる奥歯やブリッジにも対応することができます。

非常に硬いため、一昔前までは詰め物やかぶせ物に加工することができませんでしたが、現在は歯科医療機器の開発が進み、ジルコニアを加工することが可能になりました。

5つのメリット

(1)自然で美しい見た目が長持ちする

メリット
ジルコニアは、天然の歯に近い透明感、歯の色を再現できるため、審美的に治療ができます。

(2)奥歯やブリッジにも使える

メリット
非常に強度に優れるジルコニアは、従来だと金属の裏打ちなしでは不可能であった奥歯やブリッジにも、金属を使用することなく対応できます。

(3)金属アレルギーや歯茎が変色する心配なし

メリット
金属を一切使用しませんので、金属アレルギーを起こしたり、歯茎を黒く変色させたりすることがありません。

(4)通常のセラミックより、歯を削る量を少なく

メリット
強度に優れ、通常のセラミックよりも薄く作製できるため、通常のセラミックの場合に比べて歯を削る量を少なくすることができます。

(5)歯や歯茎、体に優しい

メリット
ジルコニアは、他のセラミックと同様、プラーク(歯垢)がつきにくいため、虫歯や歯周病のリスクを下げることができます。また体にとって無害ですので、安心です。

4つのデメリット

(1)歯ぎしりが酷い場合などは、向かいの歯がすり減りやすい

デメリット
ジルコニアは硬さに優れるのがメリットですが、歯ぎしりが酷い方の場合、噛みあわせる歯が早くすり減ってしまうことがあります。

(2)保険がきかない

デメリット
ジルコニアは保険が適用ではないため、治療費が高めになります。

(3)調整が難しい

デメリット
非常に硬いため、噛み合わせなどの調整の際、削れにくく調整が難しいという面もあります。

(4)前歯には向かない

デメリット
前歯のような高い審美性が要求される場所の場合、ジルコニアだと微妙な色合いが再現しにくい場合があるため、通常は強さが要求される奥歯を審美的に治療する場合によく用いられます。