電話番号 079-869-0601
アクセス
お問い合わせ
矯正歯科矯正歯科

健康な歯を抜かない矯正(GEAW)

GEAWとは

当院の矯正治療の流れ

柔軟性に優れたゴムメタルワイヤーを使った非抜歯矯正

GEAWテクニックは、神奈川歯科大学の佐藤貞雄元教授が提唱する理論に基づき、2010年に発売された純国産の矯正用新素材ワイヤー「ゴムメタルワイヤー」を使って行う矯正治療です。ゴムメタルワイヤーは、超弾性塑性型新チタン合金という、ゴムに近い柔軟性を持つ金属で作られたワイヤーで、高い強度を兼ね備えていて折れにくいため、矯正治療に非常に向いています。

ゴムメタルワイヤーは、MEAWワイヤーのデメリット「装着時の違和感が大きい」というデメリットを改善しており、より少ない違和感で、快適に矯正治療を受けていただくことができます。

GEAWの特徴

非抜歯で矯正できる

一般的に、スペース不足で歯並びが悪くなっている場合、数本小臼歯の抜歯をして歯を並べていくケースが大多数です。GEAWテクニックであれば、小臼歯の抜歯をすることなく、矯正治療を行うことが可能です。

痛み・違和感が少なく治療が短期間

GEAWテクニックでは、ゴムのようにしなやかで強度に優れるワイヤーを使用しますので、非常に効果が高く、従来に比べて治療が短期間ですみます。また、従来の摩擦の少ないワイヤーの半分の力で歯を動かすことができるので、痛みが少ないのも特徴です。それに加え、MEAWテクニックに比べてワイヤーの違和感が少ないので、より快適に治療を進めていくことができます。

噛み合わせのバランスが良く健康的

GEAWテクニックでは、ただ歯並びをよくするだけでなく、3次元的な噛み合わせのズレを改善し、バランスの良い噛み合わせを作ることができます。つまり、自然で美しい歯並びにするだけでなく、機能的にも理想的な噛み合わせを作り出せるので、歯も体もより不快症状が出にくくなり、健康的になります。

後戻りしにくい

非抜歯で行えて、長期的に安定した噛み合わせを作れるGEAWテクニックは、矯正治療終了後の後戻りが起こりにくいのもメリットです。

GEAWの適応症・非適応症

GEAWの適応症・非適応症
GEAWテクニックの適応症は、一般的に行われているワイヤー矯正と同様で、ほとんどの症例に対して行うことができます。ですが、顎の骨のアンバランスが大きく、外科的に顎の骨を切除した方が良いケースに関しては、精密な検査とカウンセリングを行ったのち、患者様のご要望も踏まえた上で、外科矯正に踏み切るかどうか、治療方針を決定していきます。

適応症
  1. 叢生(乱ぐい歯:ガタガタの歯並び)
  2. 下顎前突(受け口)
  3. 上顎前突(出っ歯)
  4. 顎の変位(左右にずれている)
  5. 開咬(前歯が噛み合わない状態)
非適応症
  1. 上下の骨格のアンバランスが大きい場合
  2. 顎の変形が大きい場合
GEAWテクニックは、従来の一般的な矯正方法に比べ、ワイヤーを正確に曲げる高度な技術を必要とするため、どこの歯科医院でも受けられるわけではありません。当院では、多くの難症例の患者様にも良い結果をおさめており、喜びのお声をたくさんいただいています。興味のある方はぜひお気軽にご相談ください。