電話番号 079-869-0601
アクセス
お問い合わせ
審美歯科審美歯科

銀歯を白くするセラミックインレー

セラミックインレー

セラミックインレー

治療跡がわからない!セラミックインレー

奥歯の金属が目立って気になる、という方へおすすめしたいのがセラミックインレーです。セラミックインレーなら、歯の色にピッタリと合わせてお作りできますので、自然で美しい見た目を再現できます。

セラミックインレーの特徴
セラミックインレーは、陶材(セラミック)でできた、部分的な詰め物のことです。体に無害で、かつご自分の歯の色に合わせた自然な色が再現できるのが特徴です。

6つのメリット

(1)見た目が自然

メリット
セラミックインレーは、ご自分の歯の色に合わせた微妙な色の調整が可能で、天然歯のような透明感を出すことができます。そのため、詰め物が入っていてもわからない、自然な見た目を再現することができます。

(2)体に悪影響を及ぼさない

メリット
セラミックは材質的に安定していて、生体親和性の高い(体に害を及ぼさない)材料です。金属の場合は、唾液に溶け出して金属アレルギーなどの健康上の問題を引き起こすことがありますが、セラミックに関してはそのような心配がありません。

(3)歯や歯茎を変色させない

メリット
セラミックは唾液に溶け出すことがありませんので、金属とは違い、歯や歯茎を黒変させてしまうこともなく、とても審美的です。

(4)歯垢がつきにくく、歯の健康を守る

メリット
セラミックは非常に傷が付きづらいため、歯垢がつきにくいのが特徴です。そのため、虫歯や歯周病のリスクを高めることがありませんし、口臭も引き起こしません。

(5)年数が経っても変色しない

メリット
歯科用プラスチックの場合、初めは色がきれいに見えても、プラスチックですから、年数が経つにつれて細かな傷がつき、だんだんと黄ばんできます。一方セラミックの場合、年数が経っても変色せず、きれいな状態を保ちやすいメリットがあります。

(6)劣化しない

メリット
セラミックは劣化することがありませんので、安定した状態を保ち続けます。そのため隙間ができにくく、虫歯の再発が起こりにくくなるので、結果的に詰め物としても長持ちします。

3つのデメリット

(1)削る量がやや多くなる

デメリット
金属の場合、めったに割れるということはありませんが、セラミックはやはり薄いと割れてしまいます。そのため、噛む力に耐えられるような厚みを取るため、金属を入れる場合と比べて、やや歯を削る量を多くする必要があります。

(2)噛み合わせが強い場所だと割れることがある

デメリット
セラミックは、非常に強い力がかかると割れることがあります。そのため、噛み合わせが強くかかる場所だと割れてしまう可能性があります。

(3)保険がきかない

デメリット
セラミックインレーは保険は適用にならないため、保険治療と比べると治療費が高めになります。

費用について

なかの歯科クリニックの補綴物治療について

なかの歯科クリニックでは審美治療はもちろんのこと、患者様により快適な生活をお送りいただくために、あごの機能を考慮した補綴物の作製に努力しています。

見えにくい外せる矯正

機能的な咬み合わせは、歯や歯周組織を『歯ぎしり』や『くいしばり』から守るだけでなく、ストレスから起こる色々な障害(頭痛、肩こり、めまい、自律神経失調等)を防ぐと言われています。

なかの歯科クリニックでは、院内技工では実現しにくいレベルの高い技工物を提供しています。