電話番号 079-869-0601
アクセス
お問い合わせ
審美歯科審美歯科

前歯の隙間が気になる
ラミネートベニア

ラミネートベニア

ラミネートベニア

ダメージ少なく、仕上がりもごく自然に

歯の色が気になる、前歯に隙間があって気になる、前歯の形をもう少しバランスよくしたい、少しだけ歯並びを直したいけれど時間がかかるのは嫌だ、などと悩まれている方に適している治療が、ラミネートベニア法です。

ラミネートベニア法は、歯の表面を薄く削り「付け爪」の感覚で、薄いセラミックを歯の表面に貼り付けることにより、理想的な色・大きさ・バランスで前歯を作り上げます。歯へのダメージも最小限であり、仕上がりもごく自然に出来上がります。ホワイトニングと比較して、治療後の変色や着色もほとんどありません。

ラミネートベニアの特徴
ラミネートベニア

ラミネートベニアは、ホワイトニングで効果が十分に現れない濃い着色や、歯の形や歯の隙間などのコンプレックスを、短期間で解決できる方法です。歯を削る必要がありますが、エナメル質の範囲内でごく薄く削りますので、歯を弱くしてしまうこともありません。

ラミネートベニアで使用する材質はセラミックですので、年数が経っても変色することがなく、美しさをキープできます。

3つのメリット

(1)歯のダメージを抑えてお悩みを解消できる

メリット
歯には象牙質とエナメル質の二つの層がありますが、外側のエナメル質は非常に強く、虫歯に対する抵抗性があります。ラミネートベニアの場合、エナメル質の範囲内で削り、弱い象牙質が露出しませんので、歯へのダメージを抑えて変色や形、軽度の歯並びのズレを解消することができます。

(2)年数が経っても変色しない

メリット
ラミネートベニアで使用するセラミックは、傷が非常につきにくいため、飲食物などによって変色、着色することがほとんどありません。そのため、年数が経っても変わらぬ美しさを保つことができます。

(3)歯の健康を保ちやすい

メリット
使用するセラミックは、傷がつきにくいため歯垢もたまりにくく、虫歯や歯周病のリスクを高めることがないので、歯の健康を保ちやすいのもメリットです。

3つのデメリット

(1)歯を少量だが削る必要がある

デメリット
薄いセラミックのベニア(板)を貼り付ける必要がありますので、全く歯を削らないホワイトニングとは違って、ごく少量ですが歯を削る必要があります。
ですが、全体にかぶせる場合と比べると、削除量は微々たるものです。

(2)噛み合わせが強い場所だと割れることがある

デメリット
ラミネートベニアは審美が目的で行う治療ですので、保険が適用されません。

(3)保険がきかない

デメリット
セラミックは陶材ですので、非常に硬いものをその部分で思い切り噛んでしまうと、欠けてしまう場合があるので注意が必要です。