電話番号 079-869-0601
アクセス
お問い合わせ
インプラントインプラント

インプラント費用

インプラント費用

インプラント費用

症例によりインプラントの適用方法が異なる

インプラント治療にあたり、費用は大変気になるところではないでしょうか。症例によってインプラントの適用方法が異なるため、一概には言えないのですが、まずはインプラントのしくみと価格についてご説明します。

インプラントの構造

インプラントの構造インプラントの構造

さらに、インプラントを埋入するにあたり、骨が足りない場合として、骨を追加する手術費がかかります。

骨が足りない場合の手術費用

一番奥の歯にインプラントを1本埋入した場合

例:セラミック冠
インプラント埋入×1本 = 200,000円
+ 支台装置×1本 =  50,000円
+ 上部構造×1本 = 140,000円
合 計 ¥390,000(税抜)
※別途、基本検査診断料10,000円とCT撮影料10,000円が必要となります。
注:症例によって施術内容が異なりますので、以下の料金は例となります。実際の費用は、カウンセリング以降にお見積もりを提示させていただきます。

当院のインプラント治療費 前例

例1 :
インプラント1本、上顎に実施

▼インプラント手術検査診断料
¥10,000
▼インプラント手術
¥200,000 / 1本
▼アバットメント
¥50,000 / 1本
▼上部構造(オールセラミック)
¥140,000 / 1本
▼CT撮影
¥10,000
合 計 ¥410,000(税抜)

例2 :
インプラントを3本、上顎奥歯に埋入

▼インプラント手術検査診断料
¥30,000
▼インプラント手術
¥600,000 / 3本
▼アバットメント
¥150,000 / 3本
▼上部構造(オールセラミック)
¥420,000 / 3本
▼CT撮影
¥20,000
▼PRP
¥10,000
合 計 ¥1,230,000(税抜)
※仮歯代が別途掛かってくる場合がございます。

上部構造=人工歯の料金

ハイブリッドクラウン

¥100,000~(税抜)

メリット

メリット
セラミックにプラスチックが混ざってるので、天然歯に硬さが近く割れにくい。

デメリット

デメリット
透明感など、見た目は少し劣る。プラークが付着しやすい。プラスチックが混ざってるので何年か経つと黄ばんで変色してくる。

セラミッククラウン

¥120,000~(税抜)

メリット

メリット
価格・見た目・精度などすべてにおいてバランスが良い。プラークがつきにくい。

デメリット

デメリット
裏側に金属を使用してるので歯茎の境目が暗く見えてしまう。

オールセラミッククラウン

¥140,000~(税抜)

メリット

メリット
すべてにおいて最高品質。金属アレルギーがおこらない。

デメリット

デメリット
強度が劣る。

e-maxクラウン

¥120,000~(税抜)

メリット

メリット
金属アレルギーがおこらない。透明感が出しやすく、見た目がよい。

デメリット

デメリット
ジルコルニアクラウンと比べて、強度が低い。

ジルコルニアクラウン

¥140,000~(税抜)

メリット

メリット
見た目がよく金属アレルギーがおこらない。また強度も高い。

デメリット

デメリット
他のものと比べると価格が高い。
お取り扱いクレジットカード
クレジットカード
お支払いはカードもOKです

同じインプラント治療なのに医院によって値段が違うのはなぜ?

インプラント治療は最新医療のため統制経済(保健診療)から外れた自由診療となっています。1本のインプラント治療に関しても一般的に20万円~50万円位の価格設定があるように思います。

インプラント治療に関して
  1. 手術室を完備しているか
  2. モニタリング(血圧、脈拍、血中酸素濃度等)の設備があるか
  3. 確立された消毒方法で行っているか(消毒には結構コストがかかる)
  4. 絶えず技術習得にむけ切磋琢磨 投資しているドクターか(海外研修、国内研修、日本口腔インプラント学会での資格等)
  5. 手術および治療終了後の管理やメンテナンスを行なえる常勤歯科衛生士がいるか
  6. 腕のいい歯科技工士が時間を掛けて作っているか(オートクチュールなので相当差が出ます)

等によって治療費に跳ね返るコストは相当変わって来ます。

また同じ歯科医師が行なったインプラント治療であったとしても、よりいい仕事をする為にはやはりより時間を掛ける必要が出てきます。これらの結果として治療費に差がでてしまう傾向にあるのでしょう。