電話番号 079-869-0601
アクセス
お問い合わせ
ブログブログ

★咬筋のコントロール 美容医療★  衛生士 青木

皆さま、こんにちは。少しずつ寒くなってきましたが、いかがおすごしですか。

先日、院長・衛生士 江南 青木・受付 伊田の4人で咬筋ボツリヌス治療の講習会に参加してきました。
歯科治療で耳にすることは少ないと思いますが美容外科でよく耳にするあの『ボトックス』です!!
睡眠時に無意識の間に歯ぎしりや食いしばりをしている場合体重の1.5倍の力がかかるとも言われています。それが原因で歯が咬耗したり破折したり、被せ物が欠けてしまったり、、、
また咬筋が必要以上に発達するとエラが張って輪郭が変わったり、さらに肩こりや頭痛の原因になることもあります。
そこで咬筋にボツリヌス注射をすることで筋肉の活動を抑え小さくすることで、歯ぎしりを緩和することができ、効果的な治療法の一つであります。
講習会では実際に院長にスタッフ3人はボツリヌス注射をしてもらいました。初めての事でドキドキ、、、注射なので全く痛くないと言えば嘘になりますが、耐えられる痛さでした!!

  

そして院長も実際に体験した方が患者様の気持ちもわかるので、受講している先生にしてもらいました。


効果は3〜6カ月程続くそうです。
またボツリヌス注射は歯科の適用範囲としてオトガイ筋(顎の梅干しシワ)やガミースマイルにも効果があるそうです。
美容だけでない『ボトックス』の活用法!!
とても勉強になりました。