咬み合わせ
なかの歯科クリニック トップページ > 体のバランスと咬み合わせ

咬み合わせと身体の関係

噛み合わせがおかしくなると、身体のどこかに異変が起こる場合があります。

噛み合わせは、顎のまわりにある咀嚼筋(そしゃくきん)などの筋肉で行われています。実は、この咀嚼筋は身体にとって非常に大切な筋肉で、噛み合わせが変わり筋肉に緊張が生ずると、全身のほかの筋肉にも緊張が生じる仕組みになっています。

噛み合わせがずれる

まず、噛み合わせがずれると、咀嚼筋などの筋肉が緊張状態(力のかかった状態)になります。顎の周辺の筋肉の力のかかり方が変わるということです。緊張するとその方向に身体が傾きはじめます。つまり噛み合わせがズレると首や頭の角度や位置が微妙に変化するのです。

身体の重心が変わる

頭部は人間の身体の重心に大きな影響を与えています。つまり噛み合わせがずれると、頭部の筋肉状態が変わり、頭部が傾いて、ひいては身体全体の重心が変化するのです。

身体が変わる

身体の重心が変わると、今度は身体全体がバランスをとろうとしますので、結果的に筋肉や骨格、神経までにも影響を与えます。原因がはっきりしない、めまい、肩こり、腰痛、不良姿勢などの症状に悩まされる原因となる場合があります。
無料メール相談
審美歯科についてお聞きになりたいこと、不安に思っていること、質問を何でもどうぞ。専門医師がメールで回答いたします。
ページの先頭へ

ドクター紹介

スタッフ紹介

安心のカウンセリング

スタッフブログ

診療時間 休診日は木曜、日曜、祝日

○/土曜日はPM5:00までの診療です

休診日/ 木曜日・日曜日・祝日

※ 祝日がある週は木曜日も診療いたします。

お取り扱いクレジットカード

診療時間 休診日は木曜、日曜、祝日

お支払いはカードもOKです

コラム

2016/10/25

歯を失った時の従来の治療とインプラントによる治療の違い
インプラントによって、健康な歯に負担をかけず、食べる楽しみを取り戻すことができます。歯は目に見える部分と、それを支える歯根から成り立っています。歯を失うと、その...<この続きを読む>