矯正歯科

一般的な矯正

歯列矯正にはいろんな方法がありますが、その中で最も一般的な方法は「ワイヤー矯正」という矯正法です。
ワイヤー矯正は、歯の表面に板状のブラケットという装置を取り付け、それらをワイヤーでつなぎ、時間をかけて少しずつ歯を動かしていくものです。
方法としては、装置を歯の表側に付ける「ラビアル法」と歯の裏側に付ける「リンガル法」の2つの方法があります。
使用するブラケットにはメタル(金属)、セラミック、透明プラスチックなどがあり、それぞれ目立ち方や治療費などが異なります。
ワイヤー矯正のメリットは、確実性が高く、微調整も簡単に行え、料金も安く済むことですが、その反面、見た目が悪いという理由でとくに若い人に敬遠されがちな面もあります。以前は、矯正装置といえば金属製のブラケットを指していましたが、最近では目立ちにくいプラスチック製のものも多く使用されています。

■ワイヤー矯正の特徴

  • 歯を一切削ることなく、天然の歯のままで治療ができる。
  • 最も一般的な矯正法であり、多くの実績がある。
  • 歯の表側に矯正装置を付けるので、見た目があまり良くない。
  • 矯正中は虫歯になりやすいので、日頃の手入れが必要。

一般的な矯正

ブラケットの種類

メタルブラケット

金属性の最も一般的な矯正装置。メリットは薄くて丈夫、治療費も安く抑えられること。
デメリットは他の矯正装置に比べると目立ってしまうことです。
ただし、現在ではいろんな種類の装具や接着剤が開発されており、以前に比べると随分目立たなくなっています。

セラミックブラケット

白いセラミックでできた矯正装置。
透明なので外からはほとんど目立ちません。
多少割高ですが、治療期間はメタルブラケットとほぼ同じです。

プラスチックブラケット

プラスチックでできた矯正装置。
セラミックブラケットと同じく透明なので目立ちません。
治療期間はメタルブラケットとほぼ同じです。

ブラケットの種類

矯正についての無料カウンセリング、無料メール相談を受け付けております。

無料メール相談
矯正歯科についてお聞きになりたいこと、不安に思っていること、質問を何でもどうぞ。専門医師がメールで回答いたします。
ページの先頭へ

ドクター紹介

スタッフ紹介

安心のカウンセリング

スタッフブログ

診療時間 休診日は木曜、日曜、祝日

○/土曜日はPM5:00までの診療です

休診日/ 木曜日・日曜日・祝日

※ 祝日がある週は木曜日も診療いたします。

お取り扱いクレジットカード

診療時間 休診日は木曜、日曜、祝日

お支払いはカードもOKです

コラム

2016/10/25

歯を失った時の従来の治療とインプラントによる治療の違い
インプラントによって、健康な歯に負担をかけず、食べる楽しみを取り戻すことができます。歯は目に見える部分と、それを支える歯根から成り立っています。歯を失うと、その...<この続きを読む>