ドクター紹介

ご挨拶

院長 中野 喜右人

「クオリティーの高い治療を行い、それを維持していくことが重要です。」

歯科治療は小さな外科治療の連続です。一度治療されたお口を再び治療するのは、通常最初より難しい問題を抱えた複雑な状態から治療を開始することを意味します。ですから今は程々の治療で悪くなればまた治療をするといった考え方でなく、今クオリティーの高い治療を行い、それを維持していくことが長い目でみると一番重要なことと言えます。歯科治療のクオリティー(高品質)はインプラント治療、矯正治療、審美歯科治療、補綴治療、歯周治療、顎関節治療など全てに精通した歯科医師が包括的に審査・診断し、その治療過程を精密に熟していくことが一番肝要です。
 ただ現在、インプラント治療だけや矯正治療や歯周治療の何れかには秀でていても、その全てに精通した臨床歯科医師は本当に少ないのが現状だろうと思います。例えば矯正治療には秀でていてもさらに歯槽膿漏になっていたり、数本の歯を失っていたりするとどうしていいのか解らないということが起こります。そうすると他の歯科医師にお願いするにもどの段階でどのようにお願いするのが最良なのか診断できないのです。
 当クリニックはCT装置やマイクロスコープ等の設備も備え、御提供させていただく一つ一つが高品質であるだけでなく、包括的な最高の歯科治療が提供できる数少ないクリニックであると自負しております。

院長 中野 喜右人

無料メール相談
審美歯科についてお聞きになりたいこと、不安に思っていること、質問を何でもどうぞ。専門医師がメールで回答いたします。
ページの先頭へ

ドクター紹介

スタッフ紹介

安心のカウンセリング

スタッフブログ

診療時間 休診日は木曜、日曜、祝日

○/土曜日はPM5:00までの診療です

休診日/ 木曜日・日曜日・祝日

※ 祝日がある週は木曜日も診療いたします。

お取り扱いクレジットカード

診療時間 休診日は木曜、日曜、祝日

お支払いはカードもOKです

コラム

2017/06/25

歯列矯正が原因で顎関節症になることはあるの?
噛み合わせを整えるための歯列矯正。しかし「噛み合わせを調整している間に、顎関節症になるのでは?」といった不安を抱く人も少なくありません。また実際に歯列矯正中に顎...<この続きを読む>

2017/05/25

子供の歯並び相談は何歳の時に行くべき?
「子供の歯並びが酷くなる前に矯正治療を行いたい」とお考えのお父さんお母さんも少なくはないでしょう。子供の矯正治療は何歳ごろから始めると良いのでしょうか。...<この続きを読む>

2017/04/25

30代から歯列矯正を始められるかお悩みの方へ
大人の歯列矯正の認知度も少しずつ高まりつつありますが、「30代で歯列矯正を始めるのは遅い?」「30代から始めても意味がない?」とお悩みの方は少なくありません。こ...<この続きを読む>