歯科コラム
インプラントのなかの歯科 > 歯科コラム > 30代から歯列矯正を始められるかお悩みの方へ
30代から歯列矯正を始められるかお悩みの方へ
2017年04月25日 (火)

大人の歯列矯正の認知度も少しずつ高まりつつありますが、「30代で歯列矯正を始めるのは遅い?」「30代から始めても意味がない?」とお悩みの方は少なくありません。ここでは30代の方が歯列矯正を始めた方が良い3つの理由についてお話ししていきます。歯列矯正を始めるかどうか悩んでいる方は、きっと参考になるはずです。

目立ちにくい矯正方法が多数生まれている

目立ちにくい矯正方法が多数生まれている

30代の方にとっては「歯列矯正=金属の器具」というイメージが強いのではないでしょうか。矯正を行う場所にもよりますが、笑った瞬間に器具が見えてしまうことを嫌がる方は多いものです。しかし、現在は様々な技術が進化し、自分で取り外しが可能、透明で目立ちにくいマウスピース矯正や、歯の裏側から行う裏側矯正など治療方法も充実しております。仕事や日常生活に極力影響を与えずに歯を矯正できるため、昔の矯正方法しか知らないという方はいちど検査も兼ねて歯医者さんに行き「もし自分が矯正するなら、どのような方法が可能か」を相談されることをおすすめします。

第一印象を良くすることができる

30代になると、仕事の幅も広がります。お子さんがいる場合は、学校行事や地域行事などで多くの人と会う機会も増えます。責任を負う立場になる人も多く、他人からの注目度もアップすることでしょう。その場合、やはり大切になるのが「第一印象」です。美しい歯並びは初対面の人にも好印象を与えることができますし、口元に自信が生まれることで感情表現も豊かになります。歯並びを気にして、ぎこちない笑顔しかできなかった人が、感情を表に出して思いきり笑えるようになったという例もあります。「今の自分に自信が持てない」とお悩みの理由が、歯並びにあるとすれば、その悩みを解決できる近道が歯列矯正にあるかもしれません。

これから先の長い人生を美しい歯で過ごすことができる

これから先の長い人生を美しい歯で過ごすことができる

歯列矯正を始めるには年齢制限はありません。しかし、年齢を重ねるごとに歯周病などの病気リスクや歯茎や骨が弱るリスクは高まります。30代であれば歯が健康な方も多く、またこれからの残りの人生を美しい歯で過ごすことができるため、たとえ1年かけて歯列矯正をしたとしても十分にメリットがあると考えられます。実際に現在の自分の歯で歯列矯正は可能なのか、またはメリット・デメリットを知るためにもまずは歯医者さんに相談することをおすすめします。また技術はもちろんですが、医師との相性も重要なポイントです。現在、カウンセリングを重視している歯科医院の数も増えています。まずは、お近くのなかの歯科クリニックへお越しください。

ドクター紹介

スタッフ紹介

安心のカウンセリング

スタッフブログ

診療時間 休診日は木曜、日曜、祝日

○/土曜日はPM5:00までの診療です

休診日/ 木曜日・日曜日・祝日

※ 祝日がある週は木曜日も診療いたします。

お取り扱いクレジットカード

診療時間 休診日は木曜、日曜、祝日

お支払いはカードもOKです

コラム

2018/04/25

甘く見てはいけない!高齢者の歯周病は全身疾患に繋がることも…
人間は、年齢を重ねるごとに体が老化していきます。老化してくると唾液も少なくなり長い年月歯を使用してきたことによるすり減りなどから、虫歯を起こしやすくなります。ま...<この続きを読む>

2018/03/25

固いものはNG?高齢者の食事で気をつけるポイント
高齢者の食事というと「固いものは食べにくい」「飲み込みにくいものは食べない」「液体はNGでとろみを」など、歯と嚥下機能の低下に対応する食事をと考えがちです。歯医...<この続きを読む>

2018/02/25

インプラント手術失敗の背景には喫煙が影響している?インプラントと喫煙の関係
インプラント治療を考えている喫煙者の方!少し待ってください。インプラントと喫煙の関係について調べたことはありますか?調べたことがある人でもない人でもこの記事を読...<この続きを読む>