歯科コラム
インプラントのなかの歯科 > 歯科コラム > 歯を失った時の従来の治療とインプラントによる治療の違い
歯を失った時の従来の治療とインプラントによる治療の違い
2016年10月25日 (火)

インプラントによって、健康な歯に負担をかけず、食べる楽しみを取り戻すことができます。歯は目に見える部分と、それを支える歯根から成り立っています。歯を失うと、その歯を支えていた歯根まで失ってしまいます。歯を1本失った場合、両隣の健康な歯を削って人工の歯をかぶせます。これが、従来の方法であったブリッジという方法です。一方でインプラントは、健康な歯への負担がありません。

インプラントによる治療

インプラントによる治療

失われた歯根の部分にチタン製の歯根を埋め込んで、義歯の支えにするのが、人工歯根と呼ばれるインプラント療法です。この治療法を使えば、残っている歯への負担が増加しません。また、顎の骨に自然の歯と同じような刺激が加わります。それによって、刺激が伝わって、力をかけることができるので、骨の変形も少なくなります。食感も天然の歯に近く、食べる楽しみを取り戻すことが可能となるのです。

インプラントは両隣の歯はそのまま

インプラントでは、従来の治療とは違って、両隣の歯はそのままなので、負担もかかりません。失われた歯根の部分の骨を支えにして、人工の歯を固定します。インプラントでは、義歯を顎の骨に固定されます。よって、力を入れて噛むことができます。

部分入れ歯との違い

部分入れ歯との違い

歯科で作られる部分入れ歯では、義歯を固定するために金属の支えを使用します。ですので、違和感を覚えてしまったり、見栄えが悪くなったりなどして気にされる方もいると思います。インプラントでは、歯根の部分の骨を支えにして人工の歯を固定するので、見た目も非常に美しいですし、自然な仕上がりをキープすることが可能となるのです。

歯が抜けた場合

歯が1本抜けた場合は、健康な歯を全く削ること無く、歯のない部分にインプラントを入れます。欠損部にインプラントを埋めて、人工の歯を単独で装着します。歯が数本抜けた場合は、歯のない部分に適切な数のインプラントを入れて、固定式の人工歯を取り付けます。必要な本数のインプラントを埋めて、それぞれ単独で治療するか、インプラント同士を連結したブリッジにします。全部の歯が抜けてしまった場合は、数本のインプラントを入れて、入れ歯の固定の源となる維持装置をとりつけて治療します。あごの状態によっては、インプラントによって一本ずつの歯を自然な状態で再建することができます。
インプラントは、歯のないところにインプラントを植えることにより、以前のようにしっかりと噛むことができるようになります。また、残っている大切な歯を削らなくとも、新しい歯を持つことができる治療です。

ドクター紹介

スタッフ紹介

安心のカウンセリング

スタッフブログ

診療時間 休診日は木曜、日曜、祝日

○/土曜日はPM5:00までの診療です

休診日/ 木曜日・日曜日・祝日

※ 祝日がある週は木曜日も診療いたします。

お取り扱いクレジットカード

診療時間 休診日は木曜、日曜、祝日

お支払いはカードもOKです

コラム

2017/06/25

歯列矯正が原因で顎関節症になることはあるの?
噛み合わせを整えるための歯列矯正。しかし「噛み合わせを調整している間に、顎関節症になるのでは?」といった不安を抱く人も少なくありません。また実際に歯列矯正中に顎...<この続きを読む>

2017/05/25

子供の歯並び相談は何歳の時に行くべき?
「子供の歯並びが酷くなる前に矯正治療を行いたい」とお考えのお父さんお母さんも少なくはないでしょう。子供の矯正治療は何歳ごろから始めると良いのでしょうか。...<この続きを読む>

2017/04/25

30代から歯列矯正を始められるかお悩みの方へ
大人の歯列矯正の認知度も少しずつ高まりつつありますが、「30代で歯列矯正を始めるのは遅い?」「30代から始めても意味がない?」とお悩みの方は少なくありません。こ...<この続きを読む>